働くママの強い味方!「出産手当金」の受け取り方法は実はカンタン!

働くママの強い味方!「出産手当金」の受け取り方法は実はカンタン!

妊娠が分かった後も、今の会社で働き続けたいと思ってる女性は多いだろう。

共働きがある意味当たり前になり、女性が社会人としてキャリアを積んでいくサポート制度や仕組みも増えてきた。

しかし、出産予定日の前後にはどうしても会社を休むことになる。

「その期間の生活費が心配…」という女性も多いのではないだろうか。

何より、出産と子育てには予想以上にお金がかかるものだ。

  • 今の職場では産休中の給与支給がない
  • 会社に出産手当の制度がない

など、仕事での収入が入ってこない場合に、強い不安を覚える女性もいるはずだ。

そこで出産手当金の制度を活用できると、生活がずいぶんと楽になる。

出産手当金の受け取り手順は非常にシンプルで、決して難しくない。

今回は、産休期間の生活をサポートしてくれる、出産手当金の受け取り方のステップをお伝えしよう。

出産手当金とは

出産手当金とは、その名の通り「出産で会社を休んだ時に支給される手当」のことだ。

女性の社会進出が顕著でない頃は、出産をきっかけに退職する女性も多かった。

しかし内閣府による「働き方改革」で謳われているように、女性・高齢者などの労働力人口減少は非常に大きな問題になっている。

そこで女性が出産後も働き続けるためのサポートの一環として、出産手当金も活発に利用され始めた。

注意点:国民健康保険はこの制度の対象ではない

しかし、もしあなたが国民健康保険に加入しているなら、残念ながら出産手当金を受け取ることはできない。

前もってお話しておく必要があるが、出産手当金の対象は

  • 健康保険組合
  • 協会けんぽ
  • 共済組合

加入者に限られる。

あなたに受け取り資格があるかどうか、確認しておこう。

出産手当金の対象期間と支給金額

出産手当金支給の対象期間は、基本的に「98日間」だ。

細かい内訳をお伝えすると、

  • A:出産予定日までの42日間(出産予定日含む)
  • B:出産予定日翌日から数えて56日目まで

のうち、会社を休んだ期間が対象になる。

出産が遅れた期間も手当の対象になる

上記の期間が出産予定日を基準に分けてあるのは、出産が予定より早まる・遅れる場合があるからだ。

もし出産が予定より遅れた場合でも、その延長期間も(B)の支給対象になるので安心してほしい。

逆に予定日より早く産まれた場合、その分は支給対象にならないため要注意だ。

たとえば、予定日通り出産した場合は、

  • A:出産日までの42日間
  • B:出産翌日からの56日間

の合計98日間が最終的な給付日数になる。

予定日より出産が遅れた場合、(B)の期間に延びた分の日数が追加される。

一方、予定日より出産が早まった場合(B)の支給期間は56日間より短くなる。

出産手当金としてもらえる金額は給与の約3分の2

出産手当金の支給額は、標準報酬日額の3分の2になる。

例を挙げてみよう。

標準報酬日額が8000円で、合計98日間産休を取得したとしよう。

その場合、出産手当金は52万2666円になる。

『8,000円×98日間×2/3=522,666円』

産休中でも給与が支払われる場合、給与額が上記出産手当金より少なければその差額を受け取ることができる。

出産手当金を受け取るためのステップを解説

最後に、出産手当金を受け取るためのカンタンステップをご説明しよう。

主に、以下の3ステップを踏めばOKだ。

  1. 産休前:健康保険出産手当金支給申請書をもらう
  2. 出産後に医師・助産師から証明を記載してもらう
  3. 産休明けに各種書類とともに提出する

また申請に必要な書類は以下だ。

『申請に必要な書類』

  • 出勤簿
  • 賃金台帳のコピー
  • 健康保険出産手当金支給申請書
  • 申請書への医師の証明

手元にない書類については、会社労務で手配してくれるので安心してほしい。

念のため、産休前に労務に確認しておくと確実だろう。

産休前:勤務先から健康保険出産手当金支給申請をもらう

産休に入る前に、勤務先の労務に依頼し、健康保険出産手当金申請書をもらっておくこと。

産休中に郵送してもらうこともできるが、直接受け取っておく方が漏れもないためオススメだ。

そこに必要事項を記入する。

産前・産後で分けて支給してもらうことも可能なので、書き損じも考慮して2・3部ほどもらっておくと安心だろう。

主産後に医師等の証明を受ける

出産後に「出産予定日・実際の出産日」等について医師・助産師の証明を記載してもらう。

産休明けに必要書類を会社に提出する

産休が明けたら、申請書を含む必要書類を会社に提出して完了だ。

再度記載すると、必要書類は

  • 出勤簿
  • 賃金台帳のコピー
  • 健康保険出産手当金支給申請書
  • 申請書への医師の証明

の4つだ。

産休手当金申請は、決して難しくないことが分かっていただけたと思う。

ぜひ制度を活用して、産休中は経済的な心配をせずに過ごせるようにしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です